前へ
次へ

【素行調査とは】

探偵事務所に持ち込まれる調査案件には、パートナーの浮気相手やストーカーの特定など相手がハッキリと分らない場合と、結婚相手や就職内定者など身元が特定されている場合があります。

どちらの場合でも依頼者が必要とする情報を調査し報告書にまとめます。

浮気のケースでは民事訴訟に耐え得る証拠を揃えて報告書にまとめますし、ストーカーを特定する場合にはストーカーであることを示す証拠とともに身元を調べておき、警察が中止命令を出せるよう報告書にまとめます。

また一生を決める大事なパートナーや仕事を共にする運命共同体の身元は、戸籍や出身校などの履歴情報だけではなく、周囲の評価や実績なども調べ報告書にまとめます。大事なことは対象者やその身近な人たちに調査をしていることが分らないようにすることですので、身元調査を得意とする探偵事務所に依頼することです。

【素行調査の方法】

実際に探偵事務所はどのように素行調査をするのかと言うと、相手が特定されている場合には調査項目(契約時に依頼者との面談で決めます)に添って必要な情報を調査します。

一般的には氏名・生年月日・現住所・仕事先(学校名)などの基本情報の確認と、指定された情報、たとえば交友関係や人間関係についてトラブルも含めて報告書にまとめることになります。

もちろん結婚を前提とした調査では、親戚や親しい友人に犯罪歴などは重要項目となるはずですので調査することになります。

このような調査は本人やその対象者となる人達から直接聴き取りすることはなく、あくまでも良い噂話と悪い噂話を集めてから情報を精査し、確信が必要なもののみを詳しく調べることになります。

また依頼で多い項目に「金遣い」があります。

対象者がギャンブルや相場などに手を出していたり、クレジットカードのブッラックリストに登録されているような場合があります。通り一遍の面接や面談ではうかがい知ることはできませんので素行調査で調べることになります。

このような個人情報の多くは単なる尾行調査や聞き込み調査だけでは限界がありますので、さまざまな情報網を駆使し、情報を共有しているところと連携をとって、たとえ対象者が遠隔地の出身であっても、しっかりとした情報を集めることができます。

【費用について】

案件によってケース・バイ・ケースですが、尾行のような専門機材を必要とすることが少なきため、比較的必要経費は抑えることができます。また対象者が判明していることが多いので調査期間も少なく済み、ほかの調査と比べると高くなることは少ない依頼となります。

Page Top